about

この度は数あるレザー製品ショップの中から当店のページをご覧いただき誠にありがとうございます。



当店では革の切り出し、縫製、仕上げまで全ての工程を一人の職人が行います。

全てを手作業で行う事で、製品が完成するまでに時間やコストもかかってしまいますが、
機械を使って大量生産されている革製品とは一味も二味も違うハンドメイドならではの革製品を生みだす事が出来ます。


革製品は毎日の様に使うアイテムが多く、毎日使うアイテムだからこそこだわりたいというお客様の思い、
そんなお客様のこだわりを形にするお手伝いが出来る様に日々制作に励んでおります。



■HUMについて■

ショップ名の【HUM】読み方は"ハム"です。
革製品を手に取った時に思わず鼻歌(Humming)を歌いたくなる様な
作品を作っていきたいという思いから【HUM】と名付けました。

HPはこちらです
https://www.hum-leather.com/

インスタグラム
http://instagram.com/hum_leather


■使用している革について■

当店の革製品は栃木レザーを素材として使用しております。

南米産ミモザの樹皮から抽出されるタンニン剤を用い、じっくりと鞣しあげられたフルベジタブルタンニングレザーです。
通称“ヌメ革”とも呼ばれるこちらの革は、日本の風土に合った加工方法で、1ヶ月~1ヶ月半たっぷりと時間をかけて造られます。
ヌメ革は、自然の状態を生かした加工になりますので、トラと呼ばれる皮本来のシワや傷など、生きていた証がそのまま残されています。

自然素材となりますので、生きていた頃についた擦れ傷や、黒ずみ、などその革ごとによって個性があります。
同じ一枚の革であっても部分的に表面の具合や色見などが異なり、お客様自身が使い込むことによって革でしか表現できない風合いや味わいとなります。


※稀に栃木レザー以外の革を使った作品もございます。
どの革を使用しているのかは必ず商品ページに記載しておりますので、ご購入前に必ずご確認下さい。



■縫製について■

当店の革製品は全て手縫いにて制作をしております。
ミシン縫いに比べ、作業時間が何十倍にもなってしまいますが、1本の糸と2本の針で穴の左右から8の字を描くように引き締めながら縛るように縫う事で、非常に丈夫な縫い目を作る事が出来ます。

万が一、糸が切れたとしてもミシン縫いのように糸がほどけていくことはありません。

■糸について■

基本縫い糸はシニューを使用しています。シニューは手縫いしか縫えない糸で、とても細かい繊維が集まってできており、
麻糸よりも大変丈夫な糸です。 1本を4本程度にさけるので糸の太さを作風によって変えることができます。


■コバについて■

革の裁断面、結合面を通称コバと呼びます。
当店のアイテムは「切り目本仕上げ」という技法を用いており、
裁断を繰り返し磨き上げる事で自然な艶が生まれ丈夫なコバを作ります。
一度綺麗に整えられたコバはいつでも簡単に磨き直す事が出来るので末長くご愛用頂ける作品を作りだす事が出来るのが特徴です。

■オーダーメイドについて■

掲載商品の色や形を変えて作るオーダーメイドも承っております。
オーダーメイドをご希望のお客様は【CONTACT】または公式HPよりお気軽にお問い合わせ下さい。